Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
【持ち味カード】コミュニケーション力の磨き方 | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

【持ち味カード】コミュニケーション力の磨き方

今回は、持ち味カードの「人材育成」の中の「コミュニケーション」について、考えてみたいと思います。

あなたは、自分で自分のことをコミュニケーション力がある方だと思いますか?

どんな時でも、他人と意思疎通をはかって、一緒に仕事をしていくのは難しいことであり、また、素晴らしいことでもあります。

「コミュニケーション」とは何か?

持ち味カードの「コミュニケーション」のカードに書かれている内容を見ると、

「自ら進んでメンバーと意思疎通を図る」

と書かれています。

そして、その行動例として、

  • メンバーに業務上で困っていること、または要望を聴き、改善策を話し合っている。
  • メンバーの意見を聞いた上で、自分とメンバーの考えのギャップについて話し合っている。
  • メンバーが気軽に報告、連絡、相談ができるように声をかけている。
  • ミーティングなどを実施した後は、各メンバーの理解度を確認している。

と書かれています。

自ら行動しよう

コミュニケーションの最大のポイントはまずは、あなたの方からメンバーに声をかけることです。

待ちの姿勢ではダメです。

常に、あなた自らが動いて、自分のチームの仕事の進捗やメンバーの状況を把握し、常に改善をしていくためにも、コミュニケーションを絶やしてはいけません。

まとめ

コミュニケーションは人間関係の基本ですよね?

そして、あなたがたった1人ではなく、組織で仕事をしていくのなら、相手とコミュニケーションしていくことは必須です。

人はとかく、他人は自分と同じように考えているはず、わかっているはず、と思い込みがちですが、絶対にそんなことはありません。

他人はあなたとは似ている部分もあるかもしれませんが、全く違う人物です。

全く違う人物であるのならば、あなた自らが積極的にコミュニケーションをとって、相手のことを理解するしか、相手とうまくやっていく方法はありません。

ぜひ、日頃から相手のことに関心を持ち、コミュニケーションをすることを意識的に行っていきましょう。

関連記事

  1. 【持ち味カード】コーチングの可能性とは?

  2. 【持ち味カード】ファシリテーション力とは、チームで課題を乗り越える力

  3. 【持ち味カード】「エンパワーメント」とは何か?

  4. 【持ち味カード】自分と他人を「動機づける方法」

  5. 【持ち味カード】相手への「フィードバック」が苦手なあなたへ

  6. 【持ち味カード】メンバーへの公平さ

    【持ち味カード】「メンバーへの公平さ」の落とし穴とは?

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3