Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
【持ち味カード】「エンパワーメント」とは何か? | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

【持ち味カード】「エンパワーメント」とは何か?

今回は、持ち味カードの「人材育成」の中の「エンパワーメント」について、考えてみたいと思います。

「エンパワーメント」

難しい言葉ですよね?

普段、あなたの職場でも、あまり使わない言葉ですよね?

一体、どういう意味なんでしょうか?

「エンパワーメント」とは何か?

持ち味カードの「エンパワーメント」のカードに書かれている内容を見ると、

「メンバーの経験やスキルを高めるために、職務機会を与え、権限移譲を進める」

と書かれています。

そして、その行動例として、

  • メンバーに現在の職務より上位の職務を任せている。
  • メンバーに職務権限以上の裁量と責任を与えている。
  • 各メンバーに様々な案件のリーダーを任せている。
  • メンバーに業務遂行上の自由裁量権を与え、自主決定を促している。

と書かれています。

「エンパワーメント」とは要するに、メンバーのことを信頼して、仕事を任せているかどうか。つまり、権限移譲をしているかどうかといるかということです。

権限移譲(エンパワーメント)の落とし穴とは?

権限移譲(エンパワーメント)を行う時に注意して欲しいのは、「無茶振り」と「任せること」は全く違うということです。

何かの仕事を任せるということは、あなたはその仕事の成果に対して、責任がなくなるということではありません。

だから、定期的に仕事の進捗をチェックしたり、最終成果物をチェックする責任は、あなた自身を持っているのです。

つまり、権限移譲(エンパワーメント)とは「仕事が減った」・「楽になった」と喜ぶことではないということです。

まとめ

権限移譲(エンパワーメント)をした後、あなたの心の動きに注意を払ってみてください。

どんな注意を払うのか?

心が楽になるのか、それとも、心が楽にならないのかに注意を払ってください。

もし、心が楽になっていたら、それは無茶振りの可能性があります。

逆に、心がまだ楽になっていなかったのなら、それは権限移譲(エンパワーメント)ができている可能性があります。

権限移譲(エンパワーメント)の実践ポイントは、禅問答のようですが常に「任せて任さず」というところにあるのです。

関連記事

  1. 【持ち味カード】コーチングの可能性とは?

  2. 【持ち味カード】メンバーへの公平さ

    【持ち味カード】「メンバーへの公平さ」の落とし穴とは?

  3. 【持ち味カード】「部下・後輩の育成」を上手に行う方法とは?

  4. 【持ち味カード】自分と他人を「動機づける方法」

  5. 【持ち味カード】相手への「フィードバック」が苦手なあなたへ

  6. 【持ち味カード】コミュニケーション力の磨き方

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3