Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
【持ち味カード】「自己開示」によって、何が得られるのか? | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

【持ち味カード】「自己開示」によって、何が得られるのか?

今回は、持ち味カードの「キャリア・コア」の中の「自己開示」について、考えてみたいと思います。

あなたは仕事をする時、自分自身の気持ちや感情を相手に伝えるタイプですか?

それとも、あまり自分自身の気持ちや考えを出さず、淡々と相手と接するタイプですか?

「自己開示」とは何か?

持ち味カードの「自己開示」のカードに書かれている内容を見ると、

「自分の気持ちや考えを、包み隠さず表明する」

と書かれています。

そして、その行動例として、

  • 初対面の人にも自分の考えを素直に伝えてくれる。
  • 人前でも自分の喜怒哀楽をストレートに表している。
  • これと思った相手には、自分の強みや弱みを素直に話している。
  • 会社以外のプライベートなこと(趣味や家族など)も気軽に話している。

と書かれています。

仕事とプライベートは分けられない

たまに、「仕事とプライベートは分けています」と言って、仕事上ではプライベートなことは一切話さない人がいますが、現実的には仕事とプライベートの明確な線引きをすることはできません。

例えば、夕飯を家で食べている時、仕事のアイディアが浮かぶことがありますし逆に、仕事での付き合いが生涯の友と呼ぶべき関係に発展するといったこともあります。

つまり、あなたが仕事とプライベートで線を引こうが引くまいが、相手からみれば、あなたはあなたなのです。

相手は、あなたの仕事上のことに興味を示すかもしれませんしまたは、プライベートなことを聞いてくるかもしれません。

そんな相手に対して、「仕事とプライベートは分けています」と言ったところで、

「硬い人だな・・・」

「融通がきかない人だな・・・」

と思われるのがオチです。

つまり、仕事とプライベートを分けるという考えは、相手にとっては関係がないという意味で、分けることができないのです。

まとめ

これは言い古された言葉かもしれませんが、相手の心を開く唯一の方法はまず、あなた自身が心を開くことです。

あなたが武装していれば、相手も武装します。

逆に、あなたが武装解除すれば、相手も武装解除してくれます。

自己開示するのを恐れないでください。

例えば、弱みを見せること、失敗を認めることも自己開示です。

相手は、そんなあなたの率直な姿を見て、信頼を寄せてくれるかもしれません。

もっともっと、自分の考えや気持ちを相手に伝えていきましょう。

関連記事

  1. 【持ち味カード】他者を理解するために、今すぐに実践できる簡単な方法とは…

  2. 【持ち味カード】「チャレンジ精神」を持ち続けよう!

  3. 【持ち味カード】「誠実さ」を持ち続けることほど、難しいことはない

  4. 【持ち味カード】「自己管理」が苦手な人がまず、やるべきこととは?

  5. 【持ち味カード】意思決定の精度を高める方法とは?

  6. 【持ち味カード】傾聴力を身につける方法

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3