Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
優秀を人材を採用したければ、求人広告だけに頼るのは絶対にやめて下さい | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

優秀を人材を採用したければ、求人広告だけに頼るのは絶対にやめて下さい

あなたは、どんな瞬間に「いい人材が欲しい!」と思うでしょうか?

私たちの元に寄せられる相談内容として、圧倒的に多い相談は、こんな相談です。

優秀な人材が欲しくなる瞬間

ある部門であるポストが空く。するとその部門のマネージャーはパニックを起こす。

どうやって人を見つければいいかわからない彼は、人事部門に助けを求める。人事部門はマネージャーにそのポストの職務内容を尋ねる。

マネージャーは以前に作った資料を引っ張り出し、それを人事に提出する。

だが、予想通り、これといった候補者が現れないまま3カ月ほど時間が過ぎる。

マネージャーは追い詰められ、人事部に泣きつく。

人事部は数人の候補者を挙げてくるが、その候補者たちについての知識がある人間が社内にいるはずもなく、彼らは自分たちの決断が正しいものであることを祈りながら、直感的な採用方法に頼らざるを得なくなる。

そして数カ月後、マネージャーはそれらの未知の人材のうちの1人を雇うことになるのです。

あなたの人材採用方法を見直そう

さて、ここで、この状況を冷静に考えてみて下さい。

この採用方法で、優秀な人材を採用できると思いますか?

思えませんよね?

むしろ、受け身で場当たり的な採用方法だと思いませんか?

この方法は、人材が必要となったある特定の時期に「人材のプール」の中から誰かを選ぼうとするやり方です。

でも、残念ながら、こうした「人材のプール」の中には、自社が本当に必要とする人材はほとんどいません。

求人広告を使えば、本当に優秀な人材が集まるのか?

だから、多くの会社はフレッシュな「人材のプール」を求めて、休日広告にお金を払うのです。

確かに、有料の求人広告を使えば、大量のエントリーシートと履歴書を集めることができるでしょう。

でも、これは、正しい候補者を採用する流れを作るという視点では、最も早いやり方ですか同時に、最も安易なやり方でもあります。

人材紹介会社を使えば、本当に優秀な人材が採用できるのか?

その他の方法としては、成果報酬でお金を払う方法があります。

具体的には、人材紹介会社を使うのですが、この方法では、採用の成否はあなたの会社ではなく、彼らの腕に委ねられることになってしまいます。

この方法で、本当に優秀な人材が採用できると思いますか?

思えませんよね?

優秀な人材を採用するための、最も確実な方法とは?

実は、あなたの会社、そして、仕事のポジションにピッタリの候補者を集めるのに最も各自な方法は、あなたの個人的や職業的なネットワークの中から、人を推薦してもらうという方法です。

あなたはきっと、この方法には多少のためらいを感じるかもしれません。

もしくは、時間がかかりすぎると感じるかもしれません。

でも、あなたの会社に最適な人材を採用するためには、これこそが唯一の有効かつ、失敗する確率が低い方法なのです。

あなたのネットワークから推薦を得る方法とは?

では、どうしたら、そんな優秀な人材をあなたやあなたの社員のネットワークの中から、推薦してもらうことができるのでしょうか?

最も簡単な方法は、

「あなたの知る中で、私が雇うべきだと思う人物は誰かいますか?」

と率直に質問することです。

なぜなら、優秀な人間は優秀な人間を知っているからです。

そして、常に質問し続ければ、彼らはそういった優秀な人材の名前を喜んで教えてくれることでしょう。

あなたがすべきことは、そうして得た人材の名前をリストにし、その中から毎週何人かに電話をかけ、その中でも最も有望と思われる人物と連絡を取り続けることです。

この習慣を粘り強く続けてみましょう。

そうすれば、あなたはあっという間に新しいネットワークを広げ、本物の才能であなたの「人材のプール」を満たすことができるようになるでしょう。

優秀な人材を雇うために、まだまだできることは、たくさんある

でも、ここで終わりにしてはいけません。さらに、人材ハンティングの枠を広げていきましょう。

具体的に、あなたの顧客に尋ねてみて下さい。

彼らが知る最も有能な販売員の名前を教えてほしいと。

あなたの取引先には、最も優秀なビジネス開発者の名前を。

仕入れ業者には、最も強力な購買業者の名前を。

さらに、業界団体に加入して、そのイベントで出会う人々に尋ねてみましょう。

また、Facebookなどのソーシャルネットワーキングサービスを活用するのも、有効な手段です。

まとめ

あなたが毎日を送る中で、交流する人々こそが、優秀な人材に関する一番の情報源なのです。

あなたが本当に必要とする人材を雇うためには、必要とする人材を明確にして、レーザビームのように、ターゲットにねらいを定めた採用方法をとるべきです。

見せかけの成功ではなく、本物の成功は一夜にして築かれるものではありません。

推薦を通し、積極的にネットワークを広げていきましょう。その後に、優秀な候補者との連絡を絶やさないことこそ、優秀な人材を常に採用できる環境を作り出すことにつながっていくのです。

自分の人材資源ネットワークをアクティブに保つだけでなく、定期的にアップデートしていきましょう。

関連記事

  1. 【注意】あなたが雇った人物はあなたの鏡です。

  2. あなたの会社の文化にピッタリと合う人材を採用しよう

  3. 入社後、活躍する可能性が高い人材の「5つの持ち味」とは?

  4. 人材採用がうまくいかない原因:社員同士の仲が悪い

  5. こんな面接官は嫌だ!人材採用の面接官が陥りがちな「9つの間違い」とは?…

  6. いい人材を雇いたいなら、まずは、その仕事のミッションを明確にしよう

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3