Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
【持ち味カード】「ポジティブ思考」を身につける方法 | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

【持ち味カード】「ポジティブ思考」を身につける方法

今回は、持ち味カードの「キャリア・マインド」の中の「ポジティブ思考」について、考えてみたいと思います。

あなたは、ポジティブに物事を考えるタイプですか?

それとも、ネガティブに考えることの方が多いですか?

どちらがいい悪いではありません。

なぜなら、人間はポジティブにも、ネガティブにも物事を捉えることができ、その捉え方は状況に応じて、効果を発揮したり発揮しなかったりするという事実があるからです。

「ポジティブ思考」とは?

持ち味カードの「ポジティブ思考」のカードに書かれている内容を見ると、

「いかなる状況でも、前向きな姿勢や考え方で行動する」

と書かれています。

そして、その行動例として、

  • 良いと思ったことはなんでも実行している。
  • 何度失敗しても落ち込まずに前進している。
  • ピンチに遭遇したときもチャンスに変え、提案をしている。
  • 「失敗は成功の素」と考えている。

と書かれています。

ポジティブ思考を習慣にするには?

ポジティブ思考というものは、意識的にやろと思ってもなかなかできるものではありません。

なぜなら、人間には二面性があるからです。

光があれば影があるように、ポジティブ思考の裏にはネガティブ思考が潜んでおり、逆に、ネガティブ思考を突き抜けるとポジティブ思考に転換できたりします。

大切なことはポジティブであれ、ネガティブであれ、一つ一つの体験に意味づけをするのは他人ではなく自分自身であり、その体験をどのように活用していくかは個々人の手に委ねられているということです。

つまり、すべては周囲ではなく、あなたが決めているということです。

まとめ

何でもかんでもポジティブ思考をすることは不自然ですし、何でもかんでもネガティブ思考でも元気がなくなっちゃいますよね?

大切なことは、ポジティブであれ、ネガティブであれ、

「自分に与えられた人生の経験・体験を次に活かすぞ!」

という究極的にポジティブな姿勢にあるのではないでしょうか?

ポジティブに考えるというのは理屈ではない要素がかなりあるので、日々の習慣を通じて、そのように考える姿勢を身につけていきましょう。

関連記事

  1. 【持ち味カード】偽物ではなく、本物の「自信」を身につける方法

  2. 【持ち味カード】「使命感」を持つことで、もっと仕事を楽しくなる

  3. 【持ち味カード】「高い志」は仕事を面白くする

  4. 【持ち味カード】「大局観」の身につける方法

  5. 【持ち味カード】「自律志向」こそが、ビジネスチャンスを呼び込む磁石

  6. 【持ち味カード】「目標達成へのこだわり」目標達成のために、まずは環境を…

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3