Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
【注意!】リーダーシップ講座だけでは、本物のリーダーは育ちません。 | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

【注意!】リーダーシップ講座だけでは、本物のリーダーは育ちません。

世の中には、リーダーシップを養成しようとする講座や研修がたくさんあります。

また、町の書店に行けば、リーダーシップ関する書籍が所狭しと並んでいます。

でも、現実をみれば「この人はリーダーシップがあるな〜」と思える人が少ないのは一体、なぜなのでしょうか?

「こうすれば、リーダーが育つ!?」それは勘違いです。

リーダーシップとは、権力から自然に生まれると言う人がいます。

また、リーダーは生まれついての資質だと言う人もいれば、セミナーや研修を受講して、知識を学べば、すぐに身につくと主張する人もいます。

これらの意見はほとんと勘違いです

なぜなら、その発想の根底には、

「レンジで1分間チンすれば、あっという間ん即席リーダーへ早変わり!」

という安易さがあるからです。

安易のものから生まれるものは、同様に安易なものです。

そして、この安易さに流されるように今、企業、特に大企業の中では、膨大なお金が、未来のリーダー候補生たちに向けて使われていますが、本物のリーダーと呼べるような人はなかなか、育ってきていません。

リーダーシップ養成講座だけでは、本物のリーダーは育たない

誤解を恐れずに言いますが、これだけ世の中にリーダーシップに関するセミナーや研修、それから、書籍が溢れているにも関わらず、なかなか本物のリーダーが育たないのには理由があります。

その理由とは、考えれば当然のことかもしれませんが、多くのリーダーは危機や偶然、そして、何よりも本人の意志の力で生まれているからです。

例えば、歴史上、リーダーシップを発揮したとされている西郷隆盛や坂本龍馬は、リーダーシップ養成講座を受講してリーダーになったのでしょうか?

きっと、違いますよね?

彼らは激動の時代の中において、敏感にその時代の空気を感じとり、自らの良心と志、そして、「自分は何を為すべきか?」「自分は何を成し遂げたいか?」を自問自答し、自らの情熱にしたがって生きた結果として、後世の人々から、「彼らはリーダーシップがあった」と評価されるに至ったのではないでしょうか?

では、優れたリーダーの共通点には、どんなものがあるのでしょうか?

優れたリーダーの共通点は?

カリスマ性と考える人もいると思いますが、カリスマ性の有無は人それぞれで、持っている人もいれば、持っていない人もいます。

でも、多くの優れたリーダーは、カリスマ性があるとは言えなくても、誰にも、部下の心に強い信頼と忠誠心を呼び覚ます能力を持っています。

そして、優れたリーダーは、そうした能力を使って、組織の文化に変革を起こし、将来のビジョンを実現させていきます。

「組織の文化に変革を起こし、将来のビジョンを実現したい」

誰もそう願いますが、うまくいかないのには、それを実現する力は小手先のテクニックなんかではなく、「人間としての力」だからです。

「人間としての力」とは、言葉で表現するのであれば、

メンバーへの公平さ、チームをまとめる力、権限と責任を与える力、コミュニケーション力、フィードバック力、メンバーの育成力、コーチング力、動機付け力、率先垂範力、、統率力、部門間調整力、影響力、起業家精神、先見性、決断力、業績マネジメント、組織課題解決力、計画立案力、目標立案力、戦略構築力、方針策定力、理念・ビジョン共有力

といった持ち味が、一つに統合されたものです。

「組織の文化に変革を起こし、将来のビジョンを実現する」

これは、最新のツールやメール、チャットワーク、SNSでのコミュニケーションなど最先端のIT技術を導入したからといって決して、達成できるものではありません。

もし、あなたが組織を本気で変えたいと思って、こういったシステムや手法の導入を考えているのなら注意が必要です。

なぜなら、こういったシステムは日々の仕事を効率化してくれる助けにはなっても、正しい方向性を定め、具体的な行動の動きを作ることは、「人間としての力」なしには不可能だからです。

まとめ

これは、全くの私見ですが、優れたリーダーには共通して、「人間としての力」を方向付ける志があるように思います。

志とは、武士の心。そして、武士の心とは、

「ただ1度限りの人生において、自分のためだけでなく、多くの人々のために、大切な何かを成し遂げようとの決意」

のことです。

今、なかなか本物のリーダーが育たない最大の原因には、自己利益と言う保育器の中で、ぬくぬくと過ごすことを第一に考え、誰の心の中にある「志」を失ってしまっていることがあるのではないでしょうか?

追伸

あなたの心の中にある志を磨くのなら、持ち味カードを活用することをおすすめします。

↓↓↓

8.「持ち味カード」の活用場面(自己啓発①自己分析)

関連記事

  1. 優れたリーダーには、優れたフォロワー(部下)が欠かせない

  2. 【持ち味カード】どうすれば、「部門間調整力」が身につくのか?

  3. リーダーとマネージャーとの「決定的な違い」とは?

  4. 【持ち味カード】「影響力」を身につける方法

  5. 【持ち味カード】どうすれば、「統率力」が身につくのか?

  6. 【持ち味カード】「決断力」を身につける方法

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3