Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
相手を上手に評価するコツ:当事者意識 | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

相手を上手に評価するコツ:当事者意識

簡単でも難しくても、どんな目標であっても「当事者意識」がなければ、うまくはいきません。

人は常に「自分が関わっている」という思いがあるからこそ、がんばることができるのです。

人は「関わっている」という実感によって、受け入れ、自分の責任いおいて自らやり遂げようとするのです。

そのために大切なことは、「やるべきこと」ではなく「なぜ、やるべきか」という理由を明確に伝えるようにすることにあります。

それをしっかりしないと人は、心の中で必ず「やらされた」「命令された」と感じるようになってしまうのです。

相手に何かを伝え、提案するときは必ず、その背景にある理由も一緒に伝え、相手の同意と取るようにしましょう。

そのようなコミュニケーションこそが、人のやる気に火を灯していくのです。

関連記事

  1. ポジティブな目標設定の方法とは?

  2. 「社員をコントロールしたい」という気持ちを捨てろ!

  3. 相手の上手に評価するコツ:シンプルにすること

  4. 全員を「勝者」にしよう!

  5. 聞きたいのは「言い訳」よりも「お祝い」だ!

  6. 「間違いの指摘」では、人をやる気にさせられない

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3