Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
「素直さ」と「頑固さ」は表裏一体って、知ってた? | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

「素直さ」と「頑固さ」は表裏一体って、知ってた?

今回は、持ち味カードNo.01の「素直さ」というカードについて、考えてみたいと思います。

あなたは自分のことを素直だと思いますか?

正直に答えてくださいね。

どうでしょうか?

きっと、多くの人は自信を持って「はい」とは答えられないと思います。

なぜなら、人間誰しも、自分のことが可愛いという気持ち、つまり、エゴ(自我)を持っているからです。

「素直さ」と「頑固さ」は表裏一体

世間一般的には、エゴ(自我)が強い人は「自己中心的」、エゴ(自我)をコントロールできている人は「素直」と言われる傾向にあります。

でも実は、「頑固さ」と「素直さ」は表裏一体、状況や接する相手によって、どちらかが強く出るのが人間の本性というものではないでしょうか?

例えば、社会人としてはいつも素直で、

  • 物事を頼まれた時は、「はい」といって協力している
  • 他者からの助言をすぐメモに書き留めている
  • 自分の言動が間違っていると気づいた時、すぐ修正をしている
  • 部下や後輩から進言されたとき、良いと思ったことは取り入れている

という行動をしている人でも、正月休みに実家に帰れば、

  • こたつでヌクヌクして、全然手伝おうとしない
  • 母親に食事を作ってもらったのに「ありがとう」と言わない
  • 1つ上の兄とテレビのチャンネルを巡って、喧嘩する
  • 父親の忠告を聞こうとしない

という行動をしているかもしれません。

この良し悪しについて、とやかく言うつもりはありません。

むしろ、こうした二面性がある方が人間らしくて、個人的には好きになれます。

物事には必ず表と裏があるように「素直さ」という、世間的には美徳とされている人の行動特定にも「状況や人によって使い分ける」という意味で、表と裏の性質があります。

「素直さ」だけで人を見ていては、本質は見えてこない

個人的には、この「素直さ」という行動特性は「本気の夢や志、目標を持っているかどうか」ということが関係しているように思えてなりません。

なぜなら、例えば、プロのサッカー選手になりたいという本気の夢、目標があるからこそ、コーチの言うことを素直に聞こうと思えるように、本気で目指すものがあるからこそ、他人からのアドバイスも素直に聞けるのではないでしょうか?

逆に、本気で目指すものがなく、ただただ他人から注意されるだけであれば、人間は自然に自分を守るように行動しがちなので、素直に言うことを聞くことができないのではないでしょうか?

まとめ

私たち人間は単純に見えて実は、複雑な感情を持つ生き物です。

  • 素直そうに見えて、実は頑固。
  • 頑固に見えて、実はとても素直。

このように、ある人物に対する評価は人によって様々ですが、その評価は当然、絶対的なものではありませんし、場所や相手、状況によって一瞬で変わってしまうものです。

逆の見方をすれば、

「場所や相手、状況によって自分の立ち居振る舞いを変えることができる人間の持つ可能性は、とてもじゃないけど、計り知れない」

と思えてきます。

自分自身も含めて、人間は簡単には分からなくて、分からないからこそ知りたくなる、とても面白い存在なのだと思います。

この持ち味カードを使えば日頃、意識していないような、思わぬ自分自身の持ち味を発見することができますのでぜひ、あなたも試してみてください。

↓↓↓

「持ち味カード」の活用場面(自己啓発①行動実践)

関連記事

  1. 【持ち味カード】もっと「自己理解」をするために「ジョハリの窓」を活用し…

  2. 【持ち味カード】「自己管理」が苦手な人がまず、やるべきこととは?

  3. 【持ち味カード】「チャレンジ精神」を持ち続けよう!

  4. 【持ち味カード】意思決定の精度を高める方法とは?

  5. 【持ち味カード】「慎重さ」は何から生まれるのか?

  6. 【持ち味カード】「自己開示」によって、何が得られるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3