Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
【持ち味カード】組織を成長させる「目標立案」の方法 | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

【持ち味カード】組織を成長させる「目標立案」の方法

今回は、持ち味カードの「組織マネジメント」の中の「目標立案」について、考えてみたいと思います。

「目標立案」とは何か?

持ち味カードの「目標立案」のカードに書かれている内容を見ると、

「経営理念、ビジョン、経営方針をもとに、組織が達成すべき目標を具体的に設定する」

と書かれています。

そして、その行動例として、

  • 事前にメンバーを集め、目標設定に向けた課題や障害についてヒアリングしている。
  • 市場動向や環境変化に応じた目標を具体的に立てている。
  • 設定した目標に関連する部署には支援を要請している。
  • 設定した目標についての説明を詳細に行い、メンバーに浸透させている。

と書かれています。

「目標立案力」を身につける方法とは?

目標はオリンピック競技で言えば、日本記録、世界記録のような数字の記録のようなものです。

陸上で言えば、9秒台を目指すといったようなものです。

目標はよく「SMART」で立てろと言われますので、この「SMART」を解説したいと思います。

  • Specific・・・具体的であること
  • Measurable・・・測定可能であること
  • Agree・・・同意していること
  • Realistic・・・現実的であること
  • Time・・・期限があること

目標を立てるときは常に、この「SMART」の要素があるかをチェックしていきましょう。

まとめ

適切な目標は立てることができれば、組織も個人も成長させることができます。

逆に、目標がなければ、組織も個人もその力を十分に発揮することができません。

常にリーダーとして適切な目標を設定し、時には修正し、その目標達成に向けて真剣になっていきましょう。

その日々の活動こそが、あなたとあなたの所属する組織を強くすることができるのです。

関連記事

  1. 【持ち味カード】「方針策定」で組織の行き先を決めましょう

  2. 【持ち味カード】「業績マネジメント力」を身につける方法

  3. 【持ち味カード】「組織課題解決力」は、どうすれば身につけることができる…

  4. 【持ち味カード】組織の成長には「戦略立案」が不可欠です

  5. 【持ち味カード】「理念・ビジョンの共有」はあなたの生き方そのものです

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3