Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/entretraining/www/mochiaji/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
ポジティブな目標設定の方法とは? | 「持ち味カード」研修のアントレ・ラボコーポレーション

ポジティブな目標設定の方法とは?

社員のやる気を引き出すためには、サッカーや野球などのスポーツと同じように、目標を明確にして、進捗を見えるようにすることが必要です。

そして、その評価項目はネガティブなものではなく、ポジティブなものにする必要があります。

では、ポジティブな目標設定をするためには、具体的にどうすればいいのでしょうか?

ポジティブな目標設定法

ポジティブな目標設定をするには、いくつかの秘訣があります。

それは、まずは、ネガティブな面からポジティブな面へと発想転換することが必要です。

それから、目標を押し付けるのではなく、本当に相手が納得するような目標にすることが不可欠です。

具体的な事例で説明していきたいと思います。

社員の常習的な欠勤を解決した事例

アメリカ政府に防衛装備を納入しているある大手メーカーの事例です。

このメーカーは長年、社員の常習的な欠勤による生産性の低下に悩まされていました。

社員数6000人のうち、1日平均3〜6%の社員が欠勤しており、生産性に大きな影響を及ぼしていたのです。

脅したり説教したり、欠勤の目立つ社員に強制措置を講じたりと様々な対策をとりましたが、ほとんどが失敗に終わってしまいました。

また、それどころか、さらに社員たちの不満が高まり、問題はさらに深刻化してしまったのです。

そこで、このメーカーは発想を180度転換して、常習欠勤の代わりに常習出勤を記録することにしたのです。

つまり、これまでは欠勤率3〜6%という数字が使われていましたが、出勤率94〜97%という数字に置き換えて行ったのです。

また、数宇を置き換えるだけでなく出勤率を高めるために、目標を達成した部門の社員全員に無料でランチを提供し、報奨金を支給する決定をしたのです。

その決定の成果は、目覚ましいものでした。

出社しなかった社員に周囲の社員が注意するようになり、仕事の対するチームの意欲が高まるといういう結果となったのです。数字も3年あまりで、ほぼ99%までに達しました。

まとめ

つまり、違反者を罰するのではなく、やるべきことを果たした社員に報いるという会社側の姿勢が従業員に伝わることにより、意識の変革をもたらしたのです。

社員のことをどのような存在として見るのか?

そして、それを具体的な評価項目として測定し、報奨金などのカタチで示すことで、社員の心を動かしていくことができるのです。

関連記事

  1. 相手を上手に評価するコツ:フィードバックは小まめにすること

  2. 全員を「勝者」にしよう!

  3. 職場では「勝ち方」がわからない?

  4. 「理想的なチームワークを作る方法」とは?

  5. 「間違いの指摘」では、人をやる気にさせられない

  6. 聞きたいのは「言い訳」よりも「お祝い」だ!

Facebook

記事の月別アーカイブ

アントレ・ラボ代表のブログ

Untitled3